忍者ブログ

保育園ふやし隊@杉並 公式ブログ

私たちは、杉並区の保育園待機児童の保護者の集まりです。安心して子どもを預けることのできる保育園を増やしてほしい…つらい「保活」を放置してほしくない、との思いからこの活動を始めました。特定の政党や団体・思想とは一切関係のない、純粋な保護者の集まりです。

9/29(日)「待機児童解消に向けて、いま関心をもつべきことは?」を開催します

保育園ふやし隊@杉並では、9月29日(日)10:00~12:00、セシオン杉並にて
「待機児童解消に向けて、いま関心をもつべきことは?」
 ~ 待機児童対策緊急推進プランの先を見すえて ~
というイベントを開催します。
保活中の保護者の方、お子様を保育園・幼稚園に通わせている保護者の方はもちろん、
ご興味のある方のご参加、お待ちしております。


私たち、保育園ふやし隊@杉並は、杉並区の待機児童問題解消を願う保護者を中心とした集まりです。今年3月、杉並区は待機児童の急増を受け、「待機児童対策緊急推進プラン」を発表しました。認可保育園や保育室の増設等で約1,100人の定員拡大を打ち出すなど、迅速な対応策が展開されています。預け先に不安を抱いていた保護者にとって、区が待機児童対策に乗り出したことは喜ばしいことです。しかし、緊急推進プランが実行されることで、保活にまつわる不安は解消されるのでしょうか。また、今後はどのようなことに関心を向けていく必要があるのでしょうか。一部では、急な拡大による保育の質を心配する声や、0~2歳児の拡大が中心策であることで3歳以降の預け先に不安をおぼえる声も聞かれます。


そこで、杉並区の保活の現状や、待機児童解消策として注目された「横浜方式」からの学びを共有し、今後保育園がふえるにあたってどのようなことに関心を向ける必要があるのか、また、保護者はどのような保育・子育て環境を望んでいるのかなどを、みんなで考える場を開催します。


【イベント詳細】
「待機児童解消に向けて、いま関心をもつべきことは?」
 ~ 待機児童対策緊急推進プランの先を見すえて ~

■日 時:2013年 9月 29日(日) 10:00~12:00 (開場 9:40)
■場 所: セシオン杉並 3階 第6・7集会室 (杉並区梅里1-22-32)
  • 東京メトロ丸ノ内線東高円寺駅下車徒歩5分または新高円寺駅下車徒歩7分
  • 関東バス(中野⇔五日市営業所・吉祥寺)杉並車庫前下車徒歩5分
  • 都営・京王バス(阿佐ヶ谷⇔渋谷)セシオン杉並前下車徒歩2分
  • 関東バス・京王バス(永福町⇔高円寺)新高円寺駅下車徒歩7分
■参加費 : 500円 (当日支払い)
■内 容
  第1部 ミニ講演 「『横浜方式』の現状とこれからの保活」
   (ジャーナリスト・猪熊 弘子さん)
  第2部 ワークショップ 「杉並区の保育・子育て環境を考える~ 待機児童対策緊急推進プランの先を見すえて ~」
   (ふやし隊メンバーからの報告と意見・情報交換)
  1.  これまでのふやし隊の取り組みと杉並区の待機児童対策
  2. 3歳以降の預け先は? ―ふやし隊・幼稚園の調査から見えてきたもの―
※当日は、杉並区議会議員さん、保育課職員さんなども招待する予定です。
※託児はありませんが、お子様連れのご参加、大歓迎です。


【お申込み・お問い合わせ】 
hoikuenfuyashitai@gmail.com
上記のアドレスまで、
お名前、参加人数(大人・子ども)、お住まいの地域、ご連絡先をお知らせください。

【企画・運営】
保育園ふやし隊@杉並(担当:川島・古川)
Twitter https://twitter.com/fuyashitai_sugi
PR