忍者ブログ

保育園ふやし隊@杉並 公式ブログ

私たちは、杉並区の保育園待機児童の保護者の集まりです。安心して子どもを預けることのできる保育園を増やしてほしい…つらい「保活」を放置してほしくない、との思いからこの活動を始めました。特定の政党や団体・思想とは一切関係のない、純粋な保護者の集まりです。

2/2(月) 保育園ふやしてアクション2015を実施しました

昨日、12時より区役所前にて保育園ふやしてアクション2015を実施しました。一次の発表を受け、区役所に相談に来られている方も多く、熱い思いをもった方が次々と「私も発言していいですか?」と名乗り出てくださいました。発言くださった方が約20名、総勢30名程度の参加がありました。ご参加頂きありがとうございました。

    

テレビや新聞社など、マスコミも10社程度集まりました。昨晩のニュースにも流れたものをご紹介します。

■テレ朝ニュース
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000043668.html
■TBS
http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye2410118.html



アクションの冒頭で、ふやし隊として要望することを読み上げましたが、その部分を載せます。私たちの願いが届きますように...

私たち待機児童を持つ保護者たちは、認可保育所の慢性的な不足により、児童を預けることができないため、就労困難な状況に陥っています。保育所入所のため、出産時期の調節を考えざるを得ない場合があり、妊娠中や出産直後から保育所を探すことを余儀なくされています。児童を認可外保育所に預けられたとしても、認可外保育所は認可保育所に比べ、保育の質が著しく低い場合や、遠方の施設に通所させなければならない場合があり、児童の福祉が損なわれています。

杉並区は待機児童対策緊急推進プランに沿って、対策を行なっています。しかし、今年も1600人以上の児童が認可保育所に入所できず、依然厳しい状況です。この現状の改善と、児童の福祉の保障を求め、次のとおり要望します。

1、認可保育所待機児童約1600人に対し、必要な対策を講じ、保育定員枠を確保してください。
2、区内の保育施設における保育の質の維持向上を行ってください。特に緊急の保育施設整備により保育の質が低下することのないよう留意してください。
3、民間による保育所増設の際には、運営事業者の厳密な選考と、継続的かつ綿密な指導監督を行ない、保育の質の維持向上を行なってください。また、既存の民営保育所についても、その運営実態を把握し、児童の安全と健やかな成長が守られるよう、継続的な指導監督を行ってください。


【企画・運営】
保育園ふやし隊@杉並
Twitter https://twitter.com/fuyashitai_sugi
Blog http://fuyashitai.blog.shinobi.jp/
Facebook https://www.facebook.com/fuyashitai.suginami
PR