忍者ブログ

保育園ふやし隊@杉並 公式ブログ

私たちは、杉並区の保育園待機児童の保護者の集まりです。安心して子どもを預けることのできる保育園を増やしてほしい…つらい「保活」を放置してほしくない、との思いからこの活動を始めました。特定の政党や団体・思想とは一切関係のない、純粋な保護者の集まりです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


佐々木浩さんのご回答-杉並区長選 待機児童対策・子育て支援への公開アンケート

杉並区長候補の佐々木 浩さんより、公開アンケートの回答が届きました。質問と回答は以下のとおりです。

【質問内容】
下記の質問につきましては、2015年4月施行予定の子ども・子育て支援新制度下という前提で回答頂けるよう、お願いいたします。


1. 現在、認可保育所への入所が育児休業後の保護者の児童ですら入園が厳しく、出産後仕事に就きたい保護者の児童が入園することは非常に困難で、申込みすらしていない人も多くいます。このような就業ニーズにどこまで対応したいとお考えでしょうか。

⇒ 公約として「保育が必要な家庭には、誰でも・いつでも預けられる保育システムの構築」を掲げております。


2. 様々な保育施設がありますが、待機児童対策の中心施策・施設は何を想定してらっしゃいますか。

⇒ 保育所にこだわらず、地域型保育も積極的に活用していきたいと思います。なお、量(保育定員)を確保するためには、大胆な規制緩和により民間にどんどん参入してもらい、質に関しては、フランチャイズ方式のように区はスーパーバイザーとなって確保すべきと考えます。


3. 保育室や保育ママ、スマ保など小規模保育施設に通っている児童の保護者は、3歳児以降の預け先が確約されてないことに不安を抱いています。他市区町村では、幼稚園と連携するなどの動きがみられますが、そのような児童に対する3歳児以降の受入れについて、具体案はありますか。

⇒ 子ども・子育て支援新制度で求められているように、連携施設をしっかり設定する必要があると考えております。既存施設では、幼稚園での一時預かり(現在の預かり保育)の充実を幼稚園に働きかけていくことになりますが(現状では成果が十分出ていないと認識しております)、保育所の5歳児クラスを小学校に移設し、その分を3~4歳児の定員拡大にあてることも考えております。



4. 他市区町村では、民間所有の土地・建物を借り上げたり、大学所有の土地に保育施設を新設したりするなどの動きがみられますが、保育施設増設のための用地確保について具体案はございますか。

⇒ 大規模なものとしては、学校跡地を活用し、駅近くの分園(学校内に設置してもよいと思います)からバスで送迎するサテライト型保育を考えております。地域型保育としては、区営住宅の空き室を保育施設へと転用することを考えております。


5. 新制度への移行をどのように進める予定でしょうか。また、現在、区が独自に設置している保育室やグループ保育室は、どのような対応をお考えですか。新制度の対象として、位置づけられるのでしょうか。

⇒ 現在、杉並区子ども・子育て会議で検討が行われておりますが、国の状況も注視し、来年度から新制度に適切に対応できるよう進めていく考えです。
保育室については、定員19名以下のところについては地域型保育への移行が考えられますが、20名以上のところに関しては、認証保育所とあわせ、財政支援等大都市の実情に応じた仕組みづくりについて、都や他自治体と連携しながら国に提案要求を行ってまいります。なお、新制度における保育所へと移行可能なものについては、移行を図ってまいります。


6. 新制度では、保育施設別に保育の実施主体が異なることや、基準が設けられることになり、保育環境や保育条件に違いが生じる可能性があります。このような不安に対して、杉並区として独自の支援をするお考えがございますか。

⇒ 保育の質の面では、前述のとおり区がスーパーバイザーとなって確保してまいりたいと考えております。保育料については、保育施設により大きな差が出ないよう、区として独自の支援を行ってまいります。


7. 区政として取り組むべき課題の中で、待機児童対策を含む子育て支援の位置づけを教えてください。お考えになっている支援策などがございますか。

⇒ 先般、日本創生会議や内閣府の「選択する未来」委員会から、人口構造や少子化対策に関する提言がなされましたが、30年後も杉並区の活力を維持し、暮らしやすいまちであり続けるためにも、子育て支援は当然重要と考えております。
待機児童対策としては、前述した政策・施策の他に、
・入所予約制度の実施
・多世代同居型シェアハウスの整備
・保育士派遣機能をもつ「保育士バンク」の創設
・日中空いている施設(塾・寺社等)を活用した民間保育施設の拡大
・保育士資格取得容易化に向けた大学等との連携
・親ができるだけ自分で子供を育てることができるよう、在宅ワーク支援(杉並版SOHOを企業等と研究)
といったことを考えております。なお、子育て支援全般に関しては、学校施設をフル活用して、すべての年代が集まる学校づくり(地域コミュニティ施設のなかに学校がある、というイメージ)を進めていきたいと考えております。

質問状の詳細についてはこちらの記事をごらんください
http://fuyashitai.blog.shinobi.jp/Date/20140618/
PR

待機児童対策、子育て支援についての公開アンケート -2014年杉並区長選挙

保育園ふやし隊@杉並では、6/29(日)に行われる杉並区長選挙の候補の方々に、待機児童対策・子育て支援についての公開アンケートを実施することにいたしました。

アンケートを送付するのは、以下の4人の候補の方々です。
(※6月16日現在で事前審査が終了している方々です。追加された場合は順次お送りします。)

田中 良さん
佐々木 浩さん
堀部 やすしさん
山崎 一彦さん

※追記
6月24日、立候補を表明された根上 隆さんにもアンケートをお送りし、5人の候補者にお送りしています。

(公開アンケートの内容は、ページ下部にリンクをしています)

2013年度、2014年度を通じて、区が保育施設の拡充を行っていることは理解しておりますが、2014年度も認可保育所の入園不承諾児童数が1,800人を超えており、育児休業中の保護者の児童ですら入園が厳しく、働きたいと思っていても一旦仕事から離れた保護者の児童が入園することは、非常に困難となっています。
また、2015年4月施行予定の「子ども・子育て支援新制度」の方針や条例がどの様なものになるのか、保育施設別に基準が設けられて保育条件に格差が生じる可能性があるのではないか?と不安を抱いています。

この公開アンケートには、おもに2つの意義があると考えています。
一つは、多くの有権者に、待機児童対策・子育て支援についての各候補者の考えをお知らせし、投票をするうえでの目安にしていただくことです。もう一つは、私たち保護者の関心事を候補者のみなさんにお届けすることで、どの方が当選されても、私たちの願いに沿った待機児童対策を重視していただくことです。

回答が届きしだい、随時、公表したいと思います。

【質問内容】
下記の質問につきましては、2015年4月施行予定の子ども・子育て支援新制度下という前提で回答頂けるよう、お願いいたします。

1. 現在、認可保育所への入所が育児休業後の保護者の児童ですら入園が厳しく、出産後仕事に就きたい保護者の児童が入園することは非常に困難で、申込みすらしていない人も多くいます。このような就業ニーズにどこまで対応したいとお考えでしょうか。

2. 様々な保育施設がありますが、待機児童対策の中心施策・施設は何を想定してらっしゃいますか。

3. 保育室や保育ママ、スマ保など小規模保育施設に通っている児童の保護者は、3歳児以降の預け先が確約されてないことに不安を抱いています。他市区町村では、幼稚園と連携するなどの動きがみられますが、そのような児童に対する3歳児以降の受入れについて、具体案はありますか。

4. 他市区町村では、民間所有の土地・建物を借り上げたり、大学所有の土地に保育施設を新設したりするなどの動きがみられますが、保育施設増設のための用地確保について具体案はございますか。

5. 新制度への移行をどのように進める予定でしょうか。また、現在、区が独自に設置している保育室やグループ保育室は、どのような対応をお考えですか。新制度の対象として、位置づけられるのでしょうか。

6. 新制度では、保育施設別に保育の実施主体が異なることや、基準が設けられることになり、保育環境や保育条件に違いが生じる可能性があります。このような不安に対して、杉並区として独自の支援をするお考えがございますか。

7. 区政として取り組むべき課題の中で、待機児童対策を含む子育て支援の位置づけを教えてください。お考えになっている支援策などがございますか。

<アンケート>
ダウンロード


最後に、ふやし隊の活動にご興味を持たれた方は、是非メーリングリストにご参加ください。参加方法と活動内容は、下記のページをご覧ください。
 ふやし隊の概要と参加方法はこちら


【企画・運営】
保育園ふやし隊@杉並
Twitter https://twitter.com/fuyashitai_sugi
Blog http://fuyashitai.blog.shinobi.jp/

宇都宮健児さんのご回答―待機児童対策について公開質問状

東京都知事候補の宇都宮健児さんより、待機児等対策についての公開質問状の回答が届きました。
質問と回答は以下のとおりです。

(1) 認可保育所の増設について、東京都としてどのように支援しようとお考えですか。

⇒ 5カ年間で5万人、認可保育所を中心に当面2万人超の定員増をはかります。保育所は子どもが育つ場所であって、保育の質はとても大切なものと考えていますので、定員増は可能な限り認可保育所の増設にすべきと考えています。「子育てしやすい環境づくり条例」を作り、保育園の待機児解消、学童保育の小学高学年利用なども行っていきたいと考えています。保育園だけでなく、子どもが小学校に上がってからも、保護者の皆さんが安心して働ける体制を作っていきたいと思います。


(2) 小規模保育室について、国が保育士(有資格者)の配置の割合を緩和したことに対し、どのようにお考えですか

⇒ 子どもの成長の観点から、望ましくないと思います。都のような大都市部では、コミュニティが弱い分、子育てにおける保育施設の重要性が高まります。そもそも、日本の保育所の基準は国際的に見て今でも低いので、それを下げるというのはおかしな話です。上述の「子育てしやすい環境づくり条例」では、「子育ては都の公的責任があること」を理念に入れたいと思います。保育施設の面積基準や人的配置等について、東京都独自で保育の質の水準をあげるようにします。

(3) 待機児童対策で、東京都としてどのようなことができるとお考えですか。財源なども含めてお答えください。

⇒ 待機児童が多数存在する状況は、異常な状況です。認可保育所を中心とした保育所の拡充を進めたいと考えます。また、拡充のなかでも保育の質が保たれるよう、適切な設置基準の検討、保育士の労働条件の改善がなされる必要があります。東京都の財政状況は、他の46道府県に比べ余裕がありますが、都が作った「アクションプログラム2013」を見ると、事業費の31%が大型開発に用いられる予定で、少子化対策は2%にすぎません。公的福祉の充実、新規の大型開発の抑制を政策に掲げている私が都知事になりましたら、待機児童対策を含めた子育て支援に、財政面を含めて力を入れることを都民が望んだということだと思います。


質問状の詳細についてはこちらの記事をごらんください
http://fuyashitai.blog.shinobi.jp/Date/20140126/


細川護熙さんのご回答―待機児童対策について公開質問状

東京都知事候補の細川護熙さんより、待機児等対策についての公開質問状の回答が届きました。質問項目は、次の3つです。

(1) 認可保育所の増設について、東京都としてどのように支援しようとお考えですか。

(2) 小規模保育室について、国が保育士(有資格者)の配置の割合を緩和したことに対し、どのようにお考えですか

(3) 待機児童対策で、東京都としてどのようなことができるとお考えですか。財源なども含めてお答えください。

回答は以下のとおりです。


細川候補は、立候補表明に際して発表した政策方針において、『「待機児童ゼロ」を任期の間に早急に実現します。全国の先進事例に学んだ行動計画をつくります。』と表明しております。ご質問の諸点は、就任後に、皆様のご意見も参考にしながら、検討し、判断してまいりたいと存じます。


質問状の詳細についてはこちらの記事をごらんください
http://fuyashitai.blog.shinobi.jp/Date/20140126/


舛添要一さんのご回答―待機児童対策について公開質問状

東京都知事候補の舛添要一さんより、待機児等対策についての公開質問状の回答が届きました。
回答は以下のとおりです。

(1) 認可保育所の増設について、東京都としてどのように支援しようとお考えですか。

⇒待機児童0を目指し、保育所設置のスピードアップを図ります。具体的には、都有地を有効活用し、運営事業者が初期投資を押える形で認可保育所を設置できるようにすることを初め、駅近・夜遅の保育所の設置促進、新築ビルへの保育所設置の義務付け等を推進していきます。

(2) 小規模保育室について、国が保育士(有資格者)の配置の割合を緩和したことに対し、どのようにお考えですか

⇒基本的には国の方針を踏まえた対応を行っていきますが、保育の質が向上していくための取り組みについても継続して検討していきます。

(3) 待機児童対策で、東京都としてどのようなことができるとお考えですか。財源なども含めてお答えください。

⇒上記(1)に合わせて回答させていただきました。


質問状の詳細についてはこちらの記事をごらんください
http://fuyashitai.blog.shinobi.jp/Date/20140126/