忍者ブログ

保育園ふやし隊@杉並 公式ブログ

私たちは、杉並区の保育園待機児童の保護者の集まりです。安心して子どもを預けることのできる保育園を増やしてほしい…つらい「保活」を放置してほしくない、との思いからこの活動を始めました。特定の政党や団体・思想とは一切関係のない、純粋な保護者の集まりです。

7/12(日)第2回お茶会を開催します。

保育園ふやし隊@杉並は、保活や保育園をとりまく様々なことについて、ゆるゆるとお話しするお茶会を開催します。
保活や入園後の悩みについてはもちろん、一歩進んで、保育施設の質量両面の充実について今後できることがないか、みんなで話しませんか。
前回のお茶会に参加できなかった方も、ぜひどうぞ。

以下、お茶会の詳細です。

■日時:2015年7月12日(日) 13:30〜15:30
■場所:荻窪地域区民センター 第一和室
東京都杉並区荻窪2丁目34−20 (地図はこちらをクリック) 

○JR中央本線、東京メトロ丸ノ内線荻窪駅南口より徒歩12分
○荻窪駅南口から関東バス(1番、2番、3番、4番のりば)で荻窪四丁目下車徒歩1分
○京王電鉄井の頭線高井戸駅から関東バス(荻窪駅南口行き)荻窪四丁目下車徒歩1分

■参加費:200円(親子一組)
■当日の内容:自己紹介以外はフリートークです。
ざっくばらんに話しましょう!
※お子様連れの方はおむつ等のおでかけセット、授乳ケープ等があると便利です。
■お申込み:お申込みは必要ありません。
当日は、お気軽に会場へお越しください。

【企画・運営】
保育園ふやし隊@杉並
Twitter https://twitter.com/fuyashitai_sugi
Blog http://fuyashitai.blog.shinobi.jp/
Facebook https://www.facebook.com/fuyashitai.suginami
PR

5/15(金) 2回目の異議申し立てを実施しました

2015年5月15日(金)杉並区役所にて、区から正式な不承諾通知をうけての2回目の異議申し立てを行いました。事前に預かった方の分を含めて、10名の異議申立書を提出してきました。(昨年の異議申し立ては、1回目50通、2回目33通の提出)
今回の異議申し立ては、区から正式な回答を得ることができるものです。正式な書面であるため、口頭での意見陳述を申し出る事も可能です。区民が直接声を届けることができるものなので、区を動かす力も大きくなります。
2013年は「待機児童対策緊急プラン」、2014年は「待機児童ゼロ宣言」が取り組まれたり、選考基準の一部が見直されたりしました。
2015年度はまだ大きな発表はありませんが、ぜひ、杉並区の保育にまつわる状況を、少しでも改善する取り組みが講じられることを望みます。

なお、今回の集団異議申し立てに間に合わなかった方も、処分があったことを知った日の翌日から60日以内なら、個人で異議申し立て書を区役所に提出することができます。書式等は、「杉並区への異議申し立て 2015」からダウンロードすることができますので、ご利用ください。

【企画・運営】
保育園ふやし隊@杉並
Twitter https://twitter.com/fuyashitai_sugi
Blog http://fuyashitai.blog.shinobi.jp/
Facebook https://www.facebook.com/fuyashitai.suginami

4/25(土)お茶会を開催しました

保育園のこと、育児のことなど、悩みを持つお父さんお母さんは、たくさんいるはず。
保育園をとりまく様々なことについて、集まって話し合える場を作ってはどうだろうか。

そんな思いで、保育園ふやし隊@杉並は4/25(土)にお茶会を開催しました。
会場となった阿佐ヶ谷保育園 育児支援室「ひろば いちょうの木」には、20組以上の親子連れが集まりました。
ご参加いただいた皆さん、本当にありがとうございました。

当日は、自己紹介後に似たような悩みを持つ人達でグループになり、皆さんそれぞれ話をしていました。

「認証保育所に入所したんだけど、これからどうしていいやら……」
「杉並区に転入する予定なんだけど、保育園に入れるんだろうか……」
「3歳と0歳の子を保育園に入園させたいんだけど、他の人はどうしている?」
「いっそのこと保育園を作ろうと思ったんだけど、役所と制度のハードルが高い!」
「3歳の壁にぶち当たる。来年以降の保活、どうしようかなぁ」

皆さんそれぞれ立場は違えど、「杉並区で、安心安全な場所に子供を預けて働きたい」という思いは同じです。
話は尽きず、予定終了時刻を超えるという大盛況ぶりでした。
また、「ひろば いちょうの木」はおもちゃや絵本が揃い、寝転がれる畳のスペースもあったので、お子さん達も楽しい時間を過ごしていました。

想像以上の反響があったため、事務局ではまた夏頃にお茶会を開催する予定を立てております。
今回参加できなかった方も、ぜひ、次回のお茶会にご参加ください!

【企画・運営】
保育園ふやし隊@杉並
Twitter https://twitter.com/fuyashitai_sugi
Blog http://fuyashitai.blog.shinobi.jp/
Facebook https://www.facebook.com/fuyashitai.suginami

4/25(土)お茶会を開催します

新年度がスタートして、保活・家事・育児・仕事など、皆さんお忙しい日々を送っていることと思います。
日々の生活の中で、困っていることや悩んでいることなどはありませんか?
保育園ふやし隊@杉並は、それぞれの保活の状況や仕事や育児の悩み等について、ゆるゆるとお話しするお茶会を開催します。

 ・保育園がどこも決まらなくて困っている。
 ・慣らし保育が始まったけれど、保育園や先生との関係に悩んでいる。
 ・入園した保育園は新設園で、何が普通か分からない。他の保育園はどんな感じ?
 ・職場復帰したら家事も育児も大変!どうやったら両立できるの?
 ・そもそも保活って、何をしたらいいのか分からない。先輩ママはどんな保活をしたの?

などのお悩みを持つ方々、ぜひお茶会への参加をお待ちしています。

以下、お茶会の詳細です。

■日時:2015年4月25日(土) 13:30〜15:30
■場所:阿佐ヶ谷保育園 育児支援室「ひろば いちょうの木」
杉並区阿佐ヶ谷北3-36-20(地図はこちらをクリック) (阿佐ヶ谷駅北口徒歩約12分)

阿佐ヶ谷駅北口を出て中杉通りを北上、世尊院前の交差点(モスバーガー手前)を左折、その後すぐに(なか卯手前)を右折し、松山商店街を道なりに9〜10分進むと左手に阿佐ヶ谷保育園が見えます。「ひろば いちょうの木」は道路沿い手前のお部屋です。

■参加費:200円(親子一組)
■当日の内容:自己紹介以外はフリートークです。
ざっくばらんに話しましょう!
※お子様連れの方はおむつ等のおでかけセット、授乳ケープ等があると便利です。
■お申込み:お申込みは必要ありません。
当日は、お気軽に会場へお越しください。

なお、お茶会当日は、5月に実施する「異議申し立て」の書類を配布・提出できます。
異議申し立ての当日に参加できない方は、4月25日(土)にお茶会の会場で、書類をお預かりいたします。
お茶会の会場で異議申し立ての書類を提出する方は、【判子】を必ずお持ちの上、ご参加ください。



【企画・運営】
保育園ふやし隊@杉並
Twitter https://twitter.com/fuyashitai_sugi
Blog http://fuyashitai.blog.shinobi.jp/
Facebook https://www.facebook.com/fuyashitai.suginami

2/16(月) 1回目の異議申し立てを実施しました

本日2月16日(月)杉並区役所にて、1次選考結果通知をうけての1回目の異議申し立てを行いました。事前に預かった方の分を含めて、38名の異議申立書を提出してきました。(昨年の異議申し立ては、1回目50通、2回目33通の提出)

今年度の2回目の提出については、日程を含め準備中です。決まり次第、MLやブログ、Twitter、Facebookでお伝えしていきます。ふやし隊@杉並のMLに参加されていない方がいらっしゃいましたら、下記事務局メールアドレスに連絡ください。登録の手続きを致します。
hoikuenfuyashitai@gmail.com  まで、
件名を「メーリス登録希望」として、本文に下記内容を記載してお送りください。
●お名前
●簡単な住所(荻窪在住など)
●お子さんの状況(長女4歳:認証、次女1歳4か月:区外認可外など)
※お名前以外はとりあえずは任意でのご記入で構いません。
 もちろん個人情報として取扱いには十分に注意いたします。

なお、本日の異議申し立て提出に合わせて、区長に向け要望書も提出致しました。その内容を記載致します。区より要望書の回答がきましたら、お知らせしたいと思います。

要望書
平成27年2月16日

杉並区長 田中良 様

私たち待機児童を持つ保護者たちは、認可保育園の慢性的な不足により、子どもを預けることができないため、就労困難な状況に陥っています。保育所入所のため、妊娠中や出産直後から保育所探しを予備なくされ、出産時期の調節を考えざるを得ない状況です。
子どもを認証保育所や保育室、小規模保育施設に預けられたとしても、それらの施設の多くは認可保育所に比べ、保育の基準、環境、質は低く、2歳児までの受け入れであるために3歳児以降の預け先が確保されていないなど、さまざまな不安、困難を抱えています。
私たちは、ただ子どもを預けられればいいわけではありません。子どもが乳児期から修学前まで安全に健やかに発達していける環境を望みます。
さらに、子ども・子育て支援新制度のもとであっても、児童福祉法24条1項において、保育の必要な子どもについて認可保育所において保育をしなければならないという市区町村の保育の実施義務が定められています。保育が必要であると認定されながら、希望する認可保育所に入所できない子どもが多く存在している状況は、児童福祉法24条1項に違反すると考えます。 これらの点から、杉並区において、さらなる認可保育所の整備・増設を強く求めます。

杉並区は、平成25年には待機児童対策緊急推進プランを発表し、保育定員の確保を行っています。さらに、今後も認可保育所を核とした施設整備の推進をうちだされています。私たちはこれまでの区の積極的な対応について、大変ありがたく思い、深く感謝しております。
しかし、今年も1600人の子どもが、認可保育所への入所を希望しながら入所できないことが明らかになっています。また、今後も女性の社会進出が進み、保育需要はますます増えていくことが予想されます。待機児童問題は依然として厳しい状況であると考えます。 このような現状の改善を求め、下記について要望します。


1、認可保育所への入所を希望しながら認可保育所に入れていない子ども1600人に対し、早急に必要な対策を講じ、保育定員枠を確保してください。

2、待機児童解消に向け、保育を必要とする世帯の実態を把握し、認可保育所の増設計画を実態に即して、速やかに実行してください。

3、保育の質の維持向上を行ってください。特に、民間による認可保育所整備については、運営事業者の選定を厳密に行い、継続的な指導監督に努めてください。認可外保育施設においては、適切な運営がなされるよう、都に対してより一層の指導監督を要望してください。

4、上記事項に対しての区の取り組み、考えを回答頂くか、懇談の場を持ってください。
以上

【企画・運営】
保育園ふやし隊@杉並
Twitter https://twitter.com/fuyashitai_sugi
Blog http://fuyashitai.blog.shinobi.jp/
Facebook https://www.facebook.com/fuyashitai.suginami