忍者ブログ

保育園ふやし隊@杉並 公式ブログ

私たちは、杉並区の保育園待機児童の保護者の集まりです。安心して子どもを預けることのできる保育園を増やしてほしい…つらい「保活」を放置してほしくない、との思いからこの活動を始めました。特定の政党や団体・思想とは一切関係のない、純粋な保護者の集まりです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2/16(月) 1回目の異議申し立てを実施しました

本日2月16日(月)杉並区役所にて、1次選考結果通知をうけての1回目の異議申し立てを行いました。事前に預かった方の分を含めて、38名の異議申立書を提出してきました。(昨年の異議申し立ては、1回目50通、2回目33通の提出)

今年度の2回目の提出については、日程を含め準備中です。決まり次第、MLやブログ、Twitter、Facebookでお伝えしていきます。ふやし隊@杉並のMLに参加されていない方がいらっしゃいましたら、下記事務局メールアドレスに連絡ください。登録の手続きを致します。
hoikuenfuyashitai@gmail.com  まで、
件名を「メーリス登録希望」として、本文に下記内容を記載してお送りください。
●お名前
●簡単な住所(荻窪在住など)
●お子さんの状況(長女4歳:認証、次女1歳4か月:区外認可外など)
※お名前以外はとりあえずは任意でのご記入で構いません。
 もちろん個人情報として取扱いには十分に注意いたします。

なお、本日の異議申し立て提出に合わせて、区長に向け要望書も提出致しました。その内容を記載致します。区より要望書の回答がきましたら、お知らせしたいと思います。

要望書
平成27年2月16日

杉並区長 田中良 様

私たち待機児童を持つ保護者たちは、認可保育園の慢性的な不足により、子どもを預けることができないため、就労困難な状況に陥っています。保育所入所のため、妊娠中や出産直後から保育所探しを予備なくされ、出産時期の調節を考えざるを得ない状況です。
子どもを認証保育所や保育室、小規模保育施設に預けられたとしても、それらの施設の多くは認可保育所に比べ、保育の基準、環境、質は低く、2歳児までの受け入れであるために3歳児以降の預け先が確保されていないなど、さまざまな不安、困難を抱えています。
私たちは、ただ子どもを預けられればいいわけではありません。子どもが乳児期から修学前まで安全に健やかに発達していける環境を望みます。
さらに、子ども・子育て支援新制度のもとであっても、児童福祉法24条1項において、保育の必要な子どもについて認可保育所において保育をしなければならないという市区町村の保育の実施義務が定められています。保育が必要であると認定されながら、希望する認可保育所に入所できない子どもが多く存在している状況は、児童福祉法24条1項に違反すると考えます。 これらの点から、杉並区において、さらなる認可保育所の整備・増設を強く求めます。

杉並区は、平成25年には待機児童対策緊急推進プランを発表し、保育定員の確保を行っています。さらに、今後も認可保育所を核とした施設整備の推進をうちだされています。私たちはこれまでの区の積極的な対応について、大変ありがたく思い、深く感謝しております。
しかし、今年も1600人の子どもが、認可保育所への入所を希望しながら入所できないことが明らかになっています。また、今後も女性の社会進出が進み、保育需要はますます増えていくことが予想されます。待機児童問題は依然として厳しい状況であると考えます。 このような現状の改善を求め、下記について要望します。


1、認可保育所への入所を希望しながら認可保育所に入れていない子ども1600人に対し、早急に必要な対策を講じ、保育定員枠を確保してください。

2、待機児童解消に向け、保育を必要とする世帯の実態を把握し、認可保育所の増設計画を実態に即して、速やかに実行してください。

3、保育の質の維持向上を行ってください。特に、民間による認可保育所整備については、運営事業者の選定を厳密に行い、継続的な指導監督に努めてください。認可外保育施設においては、適切な運営がなされるよう、都に対してより一層の指導監督を要望してください。

4、上記事項に対しての区の取り組み、考えを回答頂くか、懇談の場を持ってください。
以上

【企画・運営】
保育園ふやし隊@杉並
Twitter https://twitter.com/fuyashitai_sugi
Blog http://fuyashitai.blog.shinobi.jp/
Facebook https://www.facebook.com/fuyashitai.suginami
PR

なぜ、今年もふやしてアクション、異議申し立てを行うか について

ふやし隊は2013年(平成25年)より認可保育所の増設を求めてきました。区役所前での「ふやしてアクション」「異議申し立て」は大きくマスコミに取り上げられ、待機児童問題が世間に知られるきっかけになりました。

その後、平成25年3月に区は待機児童対策緊急推進プランを発表し、保育定員の確保を行っています。区長も私たちふやし隊が行ったアンケートに「認可保育所を核とした施設整備等を着実に進め、働く保護者をしっかりと応援する区政を推進する」と待機児童ゼロに向け力強い言葉で回答をしてくれました。また、保育コーディネーターによる相談窓口を開設する等、保護者に寄り添うサービスの拡充も図っています。私たちはこれまでの区のスピード感ある積極的な対応について、大変ありがたく思い、深く感謝しております。

こうした区の真摯な取り組みの中、「なぜ今年も認可保育所を増やすよう集まって声をあげ、保育所入所の不承諾通知に対して異議申立を行うのか?」という、疑問や批判の声も聞こえてきています。
ふやし隊の中でも、今年はどうしていったらいいのか悩み、真剣な話し合いが行われました。そして、その結果、現在保活中の当事者の気持ちと考えを第一に優先して、今回もふやしてアクションと異議申し立ての両方を行うことに至りました。くれぐれも、慣例としてただ漫然と今年も行うということではないことをご理解頂ければ幸いです。

たしかに保育定員は増えていますが、申込み者も同様に増えています。今後も女性の社会進出が進み、保育需要はますます増えていくことが予想されます。そして区の25・26年度の取組みは待機児童対策緊急推進プランとして行われたものであり、今後も積極的な対策がとられるか具体的に示されていないことに不安を感じています。また、27年度4月から開始する「子ども・子育て支援新制度」が問題を即解決するわけではありません。

ひとりひとりに目を向けると、今年入所できないと退職するしかない切迫した状況の人がいます。今年認可保育所に入れるように、1歳の誕生日も迎えていない子どもを区外の認可外施設にやむなく預けて復職した人がいます。年齢制限のある保育所のため3歳以降の預け先を見つける必要があり、長期間にわたる保活に苦しんでいる人がいます。どうせ保育所には入れない、と出産そのものを躊躇する人もいます。

厳しい保育園事情の中で、当時者である私たちでさえ何が一番大切なのか見失いがちですが、私たちはただ子どもを預けられれば良い訳ではなく、子どもが安全に健やかに発達していける環境を望んでいます。しかしそれはまだ十分に確保されているとは言えません。

保育所入所を希望する保護者は毎年変わっていきます。保育所に入所できた時点でその人の保活は終了しますが、全体として保育所が不足している問題は解決しておらず、次の当事者に問題がうつっただけというのが実情です。このことが長年待機児童問題が見過ごされてきた原因にもつながっていると思っています。簡単には解決できない問題だけに、当事者が現在の状況に対する率直な思いを直接お伝えすることで少しでも世間の関心を保ち、更なる保育施策につながることを願い、今年も「ふやしてアクション」「異議申し立て」を実施することに致しました。


【企画・運営】
保育園ふやし隊@杉並
Twitter https://twitter.com/fuyashitai_sugi
Blog http://fuyashitai.blog.shinobi.jp/
Facebook https://www.facebook.com/fuyashitai.suginami

2/2(月) 保育園ふやしてアクション2015を実施しました

昨日、12時より区役所前にて保育園ふやしてアクション2015を実施しました。一次の発表を受け、区役所に相談に来られている方も多く、熱い思いをもった方が次々と「私も発言していいですか?」と名乗り出てくださいました。発言くださった方が約20名、総勢30名程度の参加がありました。ご参加頂きありがとうございました。

    

テレビや新聞社など、マスコミも10社程度集まりました。昨晩のニュースにも流れたものをご紹介します。

■テレ朝ニュース
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000043668.html
■TBS
http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye2410118.html



アクションの冒頭で、ふやし隊として要望することを読み上げましたが、その部分を載せます。私たちの願いが届きますように...

私たち待機児童を持つ保護者たちは、認可保育所の慢性的な不足により、児童を預けることができないため、就労困難な状況に陥っています。保育所入所のため、出産時期の調節を考えざるを得ない場合があり、妊娠中や出産直後から保育所を探すことを余儀なくされています。児童を認可外保育所に預けられたとしても、認可外保育所は認可保育所に比べ、保育の質が著しく低い場合や、遠方の施設に通所させなければならない場合があり、児童の福祉が損なわれています。

杉並区は待機児童対策緊急推進プランに沿って、対策を行なっています。しかし、今年も1600人以上の児童が認可保育所に入所できず、依然厳しい状況です。この現状の改善と、児童の福祉の保障を求め、次のとおり要望します。

1、認可保育所待機児童約1600人に対し、必要な対策を講じ、保育定員枠を確保してください。
2、区内の保育施設における保育の質の維持向上を行ってください。特に緊急の保育施設整備により保育の質が低下することのないよう留意してください。
3、民間による保育所増設の際には、運営事業者の厳密な選考と、継続的かつ綿密な指導監督を行ない、保育の質の維持向上を行なってください。また、既存の民営保育所についても、その運営実態を把握し、児童の安全と健やかな成長が守られるよう、継続的な指導監督を行ってください。


【企画・運営】
保育園ふやし隊@杉並
Twitter https://twitter.com/fuyashitai_sugi
Blog http://fuyashitai.blog.shinobi.jp/
Facebook https://www.facebook.com/fuyashitai.suginami

2/2(月) 保育園ふやしてアクション2015を実施します

杉並区からH27年4月入園の申込み状況が発表されました。みなさん、ご覧になっていますか。

H27年4月 認可保育所等の利用申込み状況
H27年4月 利用申込み状況整理

今年は例年より早く1/29(木)に1次の選考結果のお知らせが届く予定となっており、我が子が入園できるのか不安な日々を過ごしている方も多いでしょう。今年は認可の新設園が10園、既存園の改築等を含め約760人分の認可保育園の定員増が行われました。しかしながら、利用申込み状況をみても分かるように、入園可能数1,973人に対し、申込み数3,450人。

その下に利用申込み状況を整理した表を載せていますが、小規模保育所を除いた認可保育所で考えてみると、0歳、1歳、2歳、3歳の入園率が約50%で、残念ながら今年も約1,600人が入れない厳しい状況となっています。

「待機児童を本当のゼロへ!」保育園ふやし隊@杉並では、今年も区に私たちの声を直接訴えるアクションを行います。

ふやしてアクションのチラシはこちら

■杉並区役所前「保育園ふやしてアクション2015」

 「保育園に入れて!」の声を直接 区に届けましょう。
 厳しい状況を自分の言葉で伝えてみませんか?
 日時: 2/2(月) 12:00 杉並区役所前集合
 ※当日、区役所前に直接お越し下さい

・4月入園できなかった方
・入園できても「保活」の厳しさを区に訴えたい方
・3歳以降の預け先に不安を覚えている方
・保育園を増やしてほしいと思っている方

などなど、杉並区の保育行政に疑問を抱いている方、どなたでも結構です。
みんなで「保育園に入れて!」「保育園増やして!」の声をあげましょう。
困っている、辛い状況を区に訴えてみんなの力で行政を動かしましょう。

【お問い合わせ】
直接参加でOKですが、事前にお問合せがある場合は、下記に連絡してください。
hoikuenfuyashitai@gmail.com

【企画・運営】
保育園ふやし隊@杉並
Twitter https://twitter.com/fuyashitai_sugi
Blog http://fuyashitai.blog.shinobi.jp/
Facebook https://www.facebook.com/fuyashitai.suginami

政治に対するスタンス および 代表制を取らないことについて

私たちは、政治に関する話題についてグループとして1つの意見を述べることはしません

私たち保育園ふやし隊@杉並は、杉並区の保育園待機児童の保護者の集まりです。
これまでにもブログやツイッター・対外的な文書などで発信してきましたが、私たちは、特定の政党や団体・思想とは一切関係のない、純粋な保護者の集まりであり、「安心安全で質の高い保育園を!」という願いをひとつにする保護者が、その思いを実現するために集まったグループです。
しかし、私たちの活動に注目が集まり、待機児童問題が社会的に認知されるようになったことで、(実際には私たちより前から地道に活動を続けてこられたグループは他にいくつもありますが)運動のさきがけと言われ、「保育園ふやし隊@杉並」の存在自体への注目も高まりました。
これにより、保育や子育て・女性活用等に関連する政治の話題について、マスメディアの方々から「保育園ふやし隊@杉並としての意見・考え方の表明」を求められることが増えています。

この度行われるとされる衆議院の解散総選挙、またその争点である消費増税とその使途(予算の紐づけ等)に関しても同様に、「どのように考えるか」との質問を多く受けていますが、私たちは前述のとおり、特定の政党を支持することもありませんし、政治に関して1つの統一された意見を述べることも行いません。
メンバー個人の思想信条、政治的立場についてはそれぞれが違う考えを持っていますし、それは事務局内でも統一されているものではありません。個人の考え方や立場は尊重されるべきものです。この観点から言えば、みなさんの意見を1つにまとめることは無理ですし、意味がありません。
また、私たちは「杉並区民」として、この待機児童問題に取り組んでいきたいと考えています。広く国への提言や要望の提出なども、他地域との連携活動の中で賛同して名を連ねることはあるかもしれませんが、主体としては行わないという方針で「杉並区に認可園を増やすための」活動を続けて行きます。その意味でも、保育園ふやし隊@杉並として国政に対し統一した意見を述べるというようなことは行うべきでないと考えます。


間もなく活動3シーズン目に入る「保育園ふやし隊@杉並」ですが、私たちは現在「代表」を置いていません

これは、「代表」を置くことによって、その人物が突出して目立ってしまい負荷がかかること、またその人物が発することが私たちの総意と受け取られてしまうことのリスクを避けるためです。さらには、待機児童保護者は年々変わっていきますので、あくまで当事者である保護者自身が活動の中心にいるべきだという考え方からも、固定した代表を置くことをやめ、その時に対応できる事務局メンバーが取材に応じるなどして運営しています。なお、運営にかかる費用(会場費・講師御礼・文房具購入・コピー代・郵送費など)は、すべてイベントの際のみなさまからのカンパおよび、事務局メンバーが原稿執筆した原稿料で賄っており、会費の徴収や、NPO法人化等の予定はありません。
このような事情をご理解いただき、今後の活動にもご参加・ご支援くださいますよう心よりお願いいたします。

保育園ふやし隊@杉並 事務局一同


【お問い合わせ・ご意見などは下記へどうぞ】
保育園ふやし隊@杉並 メール  hoikuenfuyashitai@gmail.com
【企画・運営】
保育園ふやし隊@杉並
Twitter https://twitter.com/fuyashitai_sugi
Blog http://fuyashitai.blog.shinobi.jp/